看護師 - 看護師になりたいあなたへ

看護師

看護師を目指すうえで大切なことは何だと思いますか?
これはいくつかありますが、一番大切なことはひとつひとつの仕事に責任を持って取り組むことです。
そんなことは当たり前だと思うかもしれませんが、実はこれが一番難しいことでもあるのです。

看護師は医療施設や介護施設で働いていますので、毎日多くの人と接する機会があります。
とても慌ただしく時間が過ぎていく日もあれば、ゆるやかな時間の中で仕事をこなす日もあるでしょう。
そんなギャップの中でも常に安定した仕事を求められるのが看護師で、忙しくてもそうでなくても同じような看護を心がける必要があります。
忙しくなるとついつい大雑把な仕事をしてしまったり、患者さんに対しても適切でない対応をしてしまうことがあります。
しかしちょっとした気の緩みによって、命の危険が出てくる可能性もありますからどんなときでも丁寧に仕事をこなす癖をつけておかなければなりません。
丁寧な仕事とはゆっくりと仕事をするということではなく正確な仕事をするという意味で、特に看護師の現場は時間に追われることも多いですからいかにスピーディに正確な作業ができるかがポイントになるのです。

はじめは分かっていてもなかなかうまくこなせなかったり、周囲に迷惑をかけてしまうこともあるかもしれませんが、先輩看護師の仕事ぶりを観察したりときには質問をしたりして少しずつ看護師として自立できるようにしましょう。
患者さんは新人看護師でもベテラン看護師でも同じように見ていますから、入ったばかりだからといって仕事が怠慢になってはいけないのです。
はじめのうちから任された仕事の意味をしっかりと理解し、その気持ちを持ち続けて働くことが一人前の看護師になる一番の近道になるのです。

これから看護師を目指す人はこういった点に注意しながら勉強に励んでください。
看護学校時代に得た知識とスキルをフルに生かすためには、自分自身の意識がとても大切になるのです。