看護師と准看護師の違い - 看護師になりたいあなたへ

看護師になりたいあなたへ > 看護師と准看護師の違い

看護師と准看護師の違い

看護師准看護師の違いは看護師を目指すなら知っておく必要があります。
まず一般的に看護師を指しているのは正看護師の資格所持者のことで、准看護師はその前の段階という認識です。
准看護師は正看護師を目指す過程の中で取得する人が多い資格で、いわば正看護師になるための準備資格と言えるかもしれません。

正看護師は看護業務を自分の判断で進めていけますが、准看護師はそれができません。
なぜなら准看護師は正看護師の指示によって動き、ひとつひとつの看護業務をの確認を正看護師にしてもらう必要があるからです。
業務内容そのものは同じでも自分の判断でできるかできないか、この部分が正看護師と准看護師の一番の違いと言えるでしょう。
さらに正看護師が国家資格であるのに対して准看護師は知事資格という点も異なるところで、資格そのものの種類がそもそも違います。

それでも最近では准看護師の求人も増えてきており、特にクリニックや歯科など看護業務をあまり必要としない現場では求人数が多い傾向にあります。
クリニックや歯科での看護師の仕事は主に雑用がメインとなり、受付や会計、掃除を行います。
医師や歯科医師のサポートや検査以外はそういった雑用をすることになるため、准看護師でも十分に勤まるのです。

一方で総合病院など規模の大きいところでも准看護師の募集は行っていますが、ここでは正看護師の募集がメインとなります。
これはクリニックや歯科と違って看護業務がメインとなるからで、逐一指示をしなければならない准看護師よりも正看護師のほうが仕事をスムーズに進められるからです。

現在日本は高齢化により治療を必要としている人の数が増えていて、看護師が不足がちだと言われています。
これは看護師志望の人が減ったのではなく、それ以上に治療を必要とする人が増えたからです。
今後看護師の需要はさらに高まってくるはずですから、准看護師の活躍できる場所も多くなってくるのではないでしょうか?