認定看護師 - 看護師になりたいあなたへ

看護師になりたいあなたへ > 認定看護師

認定看護師

看護師資格の中には日本看護協会から認定されている認定看護師という資格があって、ひとつの分野に特化して働きたい人は是非取ってほしい資格です。
認定看護師とはひとつの分野に対して専門的な知識と看護スキルを備えた看護師のことで、資格取得をするためにはいくつかの条件があります。
まず看護師としての実務経験が5年以上あること、そのうち希望する認定分野での勤務を3年経験していることが必要になります。
ですから就職後すぐに取得できる資格ではなく、経験をきちんと積んだのちに目指すことになります。
そしてその後に認定看護師審査と呼ばれる試験を受け、それを通過すれば晴れて認定看護師として働くことができます。

認定看護師のように専門性の強い看護師はどこの病院でも重宝され、待遇なども通常の看護師よりも良くなります。
これは基本的な看護スキルがあるというだけでなく、現在の病院の医療体制も大きく関係しているのです。
現在の病院はチーム医療が基本となっていて、どこもそれぞれ役割が明確になっていますからその分責任も伴います。
医師なら医師の仕事、看護師なら看護師の仕事という具合にきちんと分業されていますから、専門性のある看護師はそれだけ多くの働きが期待できるのです。

さらに認定分野はどれも特殊なものが多く、専門的なスキルを必要とするものばかりですから、そういった面でも貴重な存在なのです。
たとえば今注目を集めている高齢者医療の分野では、在宅看護やがん治療などの認定看護師が活躍していますし、新生児治療など治療にきめ細かな対応が必要な分野でも活躍しています。

認定看護師がいることによって難しい場面での対応もスムーズになりますから、ほかの看護師にも安心感を与えます。
それは結果的に医師にも安心感を与え、病院そのものの信用を維持することにも繋がります。
今後認定看護師を目指したい人はまずどういった分野を学びたいかを考えてチャレンジしてほしいと思います。