准看護師の給料 - 看護師になりたいあなたへ

看護師になりたいあなたへ > 准看護師の給料

准看護師の給料

准看護師の給料は正看護師と比べてどのくらい差があるのでしょうか?
ここでは准看護師の給料についての詳細をお伝えしていきたいと思います。

はじめに現在准看護師の平均年収は男女ともにおよそ400万円前後だと言われており、正看護師と比べるとおよそ60万円~70万円の差があります。
月給にしても准看護師がおよそ28万円なのに対して正看護師は40万円近いですから、その差はかなりあると言っていいでしょう。
准看護師は医師や正看護師の指示のものとに仕事をするとは言え、基本的な業務内容自体は同じです。
それにも関わらず給料にこれほど差が出てくるのはなぜなのでしょうか?

その理由のひとつに考えられるのが、准看護師と正看護師の需要の違いにあります。
准看護師は正看護師と比べて指示が必要な分、制限される面が多々あって、たとえば医師や正看護師が指示を出せない状況では何もすることができません。
同じ仕事をこなせるとしても指示が必要になる分、医師や正看護師の負担は増えますしそういった点で需要は正看護師のほうがあります。
ですから病院などによっては准看護師の募集をしていないところもありますし、忙しい環境であればあるほど正看護師に頼る機会が増えるので自然と正看護師の待遇は良くなります。

また一般的な見解として准看護師は正看護師の前の段階であるという認識ですから、一人前だとみられないことも多くなります。
収入・待遇面での差がなければ正看護師を目指す数も減っていくでしょうし、正看護師になるメリットも半減されてしまいます。
そういった点も踏まえて正看護師と准看護師の給料面・待遇面で差をつけて、正看護師の数を増やすという目的を持っているところもあるのではないでしょうか?
日本は高齢化によって看護師の数はさらに必要になるでしょうし、そのときにできるだけ正看護師の数が多いほうが医療施設としても助かります。
ですからこのような差をつけているところが多いのではないかと推測します。