看護師の履歴書 - 看護師になりたいあなたへ

看護師になりたいあなたへ > 看護師の履歴書

看護師の履歴書

看護師の履歴書を覗いてみると、実にいろいろな経歴の人がいます。
ひとつのところで長く勤めていた人もいれば、いろいろな経験をしている人もいますし正看護師の資格を早くから取得している人や30歳を過ぎてから取得した人もいます。
しかし希望のところへ就職できる人の履歴書の書き方は共通しており、どれも個性を出しつつ魅力を感じさせるものばかりです。
そこでここでは良い履歴書の書き方についてお伝えしていきたい思います。

はじめに看護師の仕事をするうえで経験というのはとても重要な要素になりますが、あまりにも転職を繰り返している人は敬遠される可能性が高くなります。
なぜならどこも長く働いてほしいと思って採用しているわけですから、短期間のうちに転職されてしまっては採用した意味がなくなるからです。
それを踏まえて短くても3年はひとつのところで働くことを心がけてください。

そして履歴書を書くときにまず気を付けたいのが日付で、日付は履歴書を書いた日にちではなく面接の日時を書きます。
学歴と職歴は見やすいように一段落あけて書き、読みやすい丁寧な字で書くことを意識しましょう。
よく手書きかパソコンかどちらがいいのか議論されていますが、指定がなければ手書きでもパソコンを使ってもどちらでも構いません。

また自己PRの書き方は自分がやってきたことの自慢にならないように何をしてきたかよりも、仕事に対する姿勢やトラブルに際にどのような対応を心がけているかなどを記入したほうが印象はいいと思います。
最後に長所と短所の書き方は自己分析の力が求められますから、長所についてはその生かし方、また短所についてはどう改善していくか未来のことを想定して書くといいでしょう。

さらに履歴書に貼る写真は直近3か月以内のもので、清潔感のあるものを選んで貼るようにしてください。
履歴書の書き方ひとつで相手に与えるイメージは異なりますから、書き終わったら読み返したり人に見てもらったりするといいでしょう。